スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野用語集(旧禁軍用語集)

gunki.jpg

更新終了しました。
簡易版を修正追記したものなので内容はかなり不足しています。参考程度で。

[禁軍用語集]

・エス=禁欲者=オナ禁者=禁オナ者。

標準語ではオナ禁者。禁オナ者という言葉は昔に使われていたとされる。禁軍系では禁欲者と言うことがほとんど。

・SS効果(えすえすこうか)=スーパーサイヤ人効果

標準語ではスーパーサイヤ人効果。空僧丸氏が提唱。以後2015年に渡るまで業界全体で延々と使われている。具体的には中期禁欲(40日程度)による受動的クンダリーニ上昇状態を指す。自身の各種パラメータを120%にすることができる反面、暴走するリスクもある。禁欲したからといって誰にでも発生しない。食事量が少ない、性欲が低い人物には起きにくいとされる。なお、クンダリーニヨガの亜種とされるので、狂人になるリスクがあると考えられる。不能になった話しは具体的には聞いたことが無い。

・高速増殖炉スタイル=FBR

禁軍用語(FBRは原発用語由来)。性的刺激により常時性欲を高め続ける禁欲。毎日寸止めとほぼ同意。確かに元気は出る。ただし精神の高揚と現実にずれがあるのを確認。CTの狩場となる疑惑がある。長期鬱に対抗するスポット対応としては有効とされる。代表はこれで破廉恥で誤った判断をしているため危険なメソッドだという認識。具体的には、CLにパラレルで突撃している。

・禁軍=SRA(Stoic Red Army)=禁欲赤軍=(非公式だがオナ禁赤軍と呼んでいる人もいた)

禁欲系ネットカルトsince2008。2008年~2012年頃禁欲ブログ界を席巻した勢力。最盛期は代表が一声かければ40人の禁欲者が動員できるとされた。当時は所轄署からどういった団体かの問い合わせがあったされる。2013年以降は衰退。OB会的なところが否めない。

・コールタール原子力発電所

代表がコールタールにのまれた時にブログ名が一時的にこれになる。禁軍には3.11の影響がちらほら見られる。なお代表の文殊という名前も原子力発電所もんじゅから来ている。文殊菩薩ではない。senjuは千手菩薩だと思われる。

・業界=禁欲業界=禁欲ブログ業界=オナ禁業界=オナ禁ブログ業界

禁欲ブログ世界のこと。禁欲といってもオナ禁がベースの範囲の世界。ガチの修業系・宗教系のブログは入ってない。Kayは入っている。

・禁軍幹部

代表(モロトフ・文殊・鰯・所長)、senju(whoeverknows)、sakumas(SKM)、短縮、愚凡(Gubon)あたりの人物のこと。いずれも有名ブロガ。

・オナ猿=放蕩者=欲者=猿

言うまでもない。

・リセット(躓き)

自慰か性行為で禁欲を破った状態。忌み言葉として「躓いた」という表現がある。これはガチで聖書由来である。

・コールタール=奴=CT

スピ界で言うエゴに近い。キリスト教のデーモンにあたるか。元々は代表を若い頃から悩ませる黒い沼・雲のようなイメージを持つ存在だった。禁軍でも1,2を争う重要な単語であり、これを使うことで禁軍系ブログを示す意味もある。

・コールタールレディ=CL=再現象化

禁欲時に人生に意味深に現れる謎の女性群。昔の誰かに似ていたりトラウマを刺激する要素を持つ。クンダリーニを狙うバンパイア系であることが多い。(あなたを利用しやすいと思って近づいているという意味でかんがえてられたし。)あなたはそれに魅せられてしまう。CLはあなたを追い詰め禁欲神話崩壊に繋がる事件を起こす。

多くの禁欲者がCLにより発狂寸前まで追い詰められた経験がある。歪んだ性欲の罪の現象化なのかもしれない。なお若い女性に対してはCG(コールタールガール)という言い方をする。禁欲ブロガの大きなテーマの一つがこのCL関係である。

・禁欲神話崩壊

禁欲により人生を歪ませた反動なのか、苦しい事件・時期が同時多発的に訪れ体力・精神ともに底をつきる状態になること。CLと御役目失敗が重層的に絡むことが多い。この経験を積むことにより世界に対する執着は薄れるが、トラウマ化は確実である。できれば勘弁願いたいものである。代表も精神科に通う羽目になった件が複数あり。

・破廉恥=HAREN=HALEN=ハレン=破廉

色恋沙汰・異性交遊全般を指す。破廉恥を得て卒業(素人との本番性行為を暗に意味)がある。禁欲道における破廉恥の是非については当初から今まで激論が絶えない。

・パラレル

禁軍では同時並行で女性にアプローチすることを指す。なお一般的に言うプレイボーイは5人は同時に口説くらしい。

・御役目=OYAKUME=oyakume

仕事、または自分が社会に必要とされている立場。日々の糧を得るためのものであるものを指すことがほとんど。2015年時点では「趣味への邁進」はoyakume邁進とは別と考えている。

・御役目邁進主義

禁軍幹部だったsenju氏が2011年頃に提唱。禁欲の力を使い限界まで御役目に取り組むスタイル。当時の禁欲者が率先して投入し、一大ムーブメントを築いた。ただしやりすぎて肉体と精神が破壊されるという問題がわかってくる。

・御役目破廉恥主義

禁欲の力を仕事と破廉恥に向けるスタイル。御役目邁進主義の修正版みたいなもの。禁軍幹部の短縮氏がこれで成功。比較的常人の理解を得やすい方針のため2012年以降は主流の考えである。

・神の道具主義

自分は神の道具として存在する。禁欲の力はこのために振り向ける。マザー・テレサ、マハトマ・ガンジー、ケンジ・ミヤザワなど実践系聖人の影響を強く受けた考え。破廉恥を嫌うストイック度の高いメンバーが採用したが、欲望を満たす要素が一切無いのとマゾ色が強すぎたためほとんどの人は放棄した。

・パラレル破廉恥主義

禁欲の力を使い同時並行的に異性にアプローチするという、ストナン派に近い思想。FBRとの組み合わせが基本となる。2014年に代表が提唱。一部で試験的に運用される。しかし、代表自身の敗戦により以降は効果が疑問視されている。御役目がおざなりになった点も汚点かもしれない。

・荒野

禁軍で初めて使われたのは、2012年のsakumasの発言が最初とされる。
「この先の人生にあるのは、何も実らない荒野をひとりで進むことなのだった。」
代表が頻繁に使いだしたのは2014年あたりである。引用元としてはsakumasの他、北方謙三のヒット小説「ブラッディ・ドールシリーズ」のタイトル(初刊:さらば荒野、最終巻:再びの荒野)から来ていることをradioで明言している。

代表の使用頻度が上がると、まもなく多くの禁軍関係者が使うようになる。意味はアブストラクトに使われる。「禁欲効果を信じて何かを手に入れようとしたが叶わず、将来に期待できない世界」、「破廉恥卒業に失敗した後、破廉恥を諦めるもしかし禁欲を続け自分はどこへ向かうのか」といったようなニュアンスが多い。神の道具主義のように「ほぼ現世的利益を望まない禁欲」をそのまま荒野というようなところもある。

いずれにせよ後進が続きそうにないハードボイルドな道である。そのような状態が続いておりテキストにもそれが現れる禁欲者を荒野系ブロガなどという。破廉恥で成功が見られるものは荒野系に該当しない。破廉恥邁進状態からそのような状態に入ることを「荒野入り」「荒野シナリオ開始」などと言うこともある。

※注意:2015年の禁軍解散以降は破廉恥が無い状態・志向しない状態を荒野と定めた。

・peace

禁軍を象徴するマントラ。意味は深すぎて文学のみでは表現不可能とされる。ジョンレノンら反戦派が使うpeaceとの意味の切り分けは特にない。whoeverknows氏が村上春樹から引用したのが最初。その後一気に禁軍系で広まる。主に文末に使用されるが、あらゆる局面で使用して良いことになっている。うまい人は文中で不意なタイミングで突然使う。

禁軍のカルト化批判ではまずこのマントラが不気味だと叩かれることが多い。禁軍の紋章は、赤背景に白字のピースマークが正式である。現在は「新宿の目」でも可能である。

・新宿の目

新宿駅西口付近に実在するオブジェクト。sakumasが2015年頃から自己の象徴として採用。以後禁軍でプロフィール写真に使われることが多い。ある曜日のある時間にそこに禁欲者が集まると言う話もあるが定かではない。

・渋谷モヤイ像

第一回禁欲者オフ会集合場所として名高い。参加者に滝本竜彦氏、sakumas氏を含む。

・Kay

有名yahoo奨学生ブロガ。現実としてはロリコンスペシャリスト。アフィリエイトも好む。禁軍系や禁欲ブログ界隈では、本当に聖人なのか疑問視されている。ただロリコンについてはキャラ作りであり演技であるという意見も見られる。

・number girl、ナンバーガール、zazenboys、向井秀徳

禁軍最盛期にBGMとして用いられまくったバンド。特にナンバーガールのomoide in my headという曲は禁軍のテーマ曲として名高かった。しかし代表は2014年頃からは「ナンバーガールは若い時にしか聴けない」などとの発言を度々行い、距離を置くようになった。その頃から禁軍radioでは広く邦楽の名盤が扱われるようになる。

・spitz、スピッツ

草野氏が禁欲者っぽかったり、SS効果をあらわしたとしか思えない「恋する凡人」があったりするので言及されることが度々。代表が初期のspitzを好む。

・ドロップ、ドロッピング、drop

記事を書くこと。「垂直にそのままドロップ」とは思ったことをそのまま書いて見直しとかしてない、くらいの意味。

・禁軍radio / 荒野radio

代表がyoutubeで公開する録画radio。レィディオと発音する。禁軍解散後は荒野radioが継承。

・さすらう、さまよう、流離う、さ迷う。

元々はNumberGirlの歌詞。禁軍ではよくつかわれる表現。

・空僧丸氏

禁軍では聖徒として位置づけられる(開祖とはしないことが多い)。代表が空僧丸氏のHPで覚醒したため、禁軍の思想の重要なルーツのひとつである。そういった事情があるので彼のHPを「新約聖書」と呼ぶこともある。その後何をしているかは不明。一説ではオナ禁関係のセミナーで金を作っていたという話もあるが、裏取りがされていない。

・187氏

2chのオナ禁系掲示板で伝説の書き込みを行った人物。空僧丸氏も影響を受けたとされる。この書き込みを「旧約聖書」と呼ぶこともある。その後は一切不明。伝説の書き込みは「アディオス!厨房!」で終わっていたため、 この言い方を使うブロガも多かった。

・ノン、ヤー

禁軍文学では単語をそのまま使わず少しずらすというのが頻繁に行われてきた。姓名を逆にしてカタカナ読みし、まるで日系人のように見せたり(ケンジ・ミヤザワ)、特に意味が無いのにイニシャルで呼ぶ(マザー・T)などである。

したがって「はい」「いいえ」と言うシーンでもなぜか海外の言い方を使ったりすることもあった。意味もなく関西弁などの方言が乱用されることも多い。

・謎の関西弁の男、主

禁軍文学では、ブログ中に唐突に霊的な存在が語りかけてくることも多い。その際には厳粛さよりはユーモラスさが表に出ることのほうがむしろ多い。この辺りのセンチメンタリズムには滝本竜彦氏の影響も見られるように思う。代表のテキストにはKay氏やsakumas氏が幻覚として出てきたり語りかけてきたりしてくるのはかつて定番であった。

peace
スポンサーサイト
プロフィール

 

Author: 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。