スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

2300
減食時に重要なメソッド。減食時以外も使えます。それは脳にコールタール的な考えが走ったときに深く息を吸い込むことです。

これは集中力が必要な時に、別のことを考えてしまったりするときにも使えます。具体的には会議中とかです。

なお、コールタール的な考えとは、かつてのトラウマとかが頭に蘇ってくるあれと思ってください。

私は物思いにふける癖があり、いつも苦労しているのですが、この方法はとても有効です。

欠点は呼吸が荒いなぁと周りの人に思われるかもしれないことです。

もう一つは体でリズムを取るというものですが日常的には使えないと思います。私が楽器弾きだから有効なだけかもしれません。

嫌な思念で頭がいっぱいなときは呼吸が浅くなっていることが多いことに気づき、そこから生まれたメソッドです。鶏卵で、呼吸が浅いからコールタールがこんにちはしてくるのかもしれません。

なお禁欲は前提となります。

peace


2245
人は怖い。そう感じるようになった。1stSS以降の私は滅茶苦茶なこともできるようになった。人を人と思わないような所業もやった。

そして今思う。人は怖い。人を恐れて行動しよう。しかし恐れすぎるとそこを付け込んでくる(私の感覚では一般人でも明らかに付け込んでくる)だからブラフを打つことも必要。精密に計算された行動を行っていきたいと思う。

無理に人脈拡張とかは考えてない。そういうのはしない。慎重に。

40代になる前に身につけておかねばならないことの一つがこれだ。人を恐れ、トラブルを回避する基本的な技術を常時発揮できること。

peace


8/16
twitterについて。これでしか連絡が取れない人物がおり、放置されていたアカを動かす。

知人の自慢天国でかつミスに最大限注意が必要なfacebookよりはましな印象。

しかしそれにしても情報の山・山・山。脳が処理しきれない。押しつぶされそうな混乱に陥る。アーチスト連中も大量に情報を放っている。

自分が今日はこれだけやろうと思っていた視野が消える。世界の濁流にのまれてしまう。自分が今日何かステップアップしたこと以上に大事な事がそこにあるはずもないのに。しかも疲れている。ほんと向いてないと思う。

情報禁の重要性を改めて確認。

そして今日からやらないだろう。

何かを発信するならブログで充分だ。そして「webの何かの発信によりゼロから素晴らしいつながりが生まれる」とは私は考えてない。経験上無い。

あったとしてもそれはweb上で消える。

リアルでの接触が絡まないと何もうまれない。

そして・・・リアルの絡みがあると今度はSNSで自由な発言がリスクとなる。

この地獄。

結論:人とは薄っぺらく付き合って必要な時にお互いの利益を作り出せる関係がベスト。友がどうとか親友がどうとかはGにすぎない。シャネルぶっかけてもGはG。だから喧嘩して仲良くなるとかいうスタイルにヘドが出るんだわ。書いててやっと気付いた。感謝。

twitterなどSNSにも才能が必要。生まれながらに対人仮面を装着して世界に展開する人にはむいている。

私はこういったカルト系ブログにおいてのみ執筆が向いている。

twitterで思っていること書いたらフォロワーが一瞬で何人も消えた(笑)

禁欲者には着実な努力を行い小さな目標を達成していく日々が良く似合う。

しかしtwitterで不発な自分を見て、いかに禁軍界隈が優しさに満ちた世界であるかを思いしった。

そして私のテキストからはもうかつての霊力が出てないのも気づいている。

あの頃確かに禁欲が私の文章に霊力を持たせていた。

しかし他にコミットができるようになりリア充化が進んだ。それに伴い文章はダメになった。

人は何かを得れば何かを失う。

昔はですね。これ書いたら誰か気がふれるなぁ(笑)とかわかったんですよ。


peace



8/16 禁欲による美容効果について。

美容効果については最初の2年くらいではたくさい書いていました。その後はあまり書きませんでした。

4年目以降になると特に美容効果があるようには思わなくなる日々になっていたと思います。

歳のせいかなと思ってました。でも違いますね。

禁欲によりある程度容姿が強制されますが、鏡見てびびる効果とはかは食事制限が絡んでいると思います。腸の負荷がとても低い+SSで発生すると思います。

腸の調子が肌が肌にでるのは科学的にも知られています。断食で肌がきれいになるとかもありますね。SS自体が胃腸を大変強化しますが。。(一番は腎臓?)

私の場合もうHALENを考えてないので容姿どうこうにこだわりがあるわけでもないのですが、元々太りやすいので普段から減食してないとみっともないことになります。

ジョギングは大変に有効ですが、私の場合は体重制御は減食がほとんど鍵を握っている感じです。

Kay氏が言うほどはともかく、胃腸が使用されてないと様々なリアル・オカルト的な効果があるのは私も思います。

飢えた獣に特別な力が備わっているというのはなんとなくわかる気がします。

一つ気をつけるべきですが、年老いて極端な食事制限をすると不可逆的なことが起こる可能性があり、滅茶苦茶なことはしてはいけません。

私の体験上は減らすだけでもかなり効果があると思います。

数日間1日うどん2玉とかでもかなりの霊感を得ることができてました(2008年頃) 
チャネリング的なことが起こりますから。←SSは前提です。

しばしばなにがしを1粒も食べてはいけないみたいな極端な論がありますが私としてはどうかなと思います。

狙いはとにかく胃腸を使わないことです。そして最低限の糖は脳に供給する。計画的に。

さて、自慰の弊害について気付いていない罪悪感もあるのではないかという論があります。

充分な食事についても同じことが言えるかもしれません。そんなことをomoide in my head

peace


8/15 禁軍radio 2012WDJは公開終了しました。少なく見積もっても20人程度の人に聴いて頂いたようです。有難うございました。

コールタール的人生とは、コンプレックスが問題だと思います。それはほぼ嫉妬から来ていると考えてます。自慰はこの嫉妬orコンプレックスを恐ろしく増大させます。私は確信しています。オナ猿判定にもっとも使えるのがこれだと思います。

減食(ケトンモード化)すると自分の貯め込んだそういったものが出てくるようです。ものすごい悪夢を見るようです。浄化作用とも言えるのかもしれません。しかし体調や精神状態の悪化で現実世界で失敗するかもしれません。ハンドル・センスは必要です。

なぜ浄化と推測できるか?呪う対象が遷移していくからです。ある程度対象からエネルギーが出尽くします。すると別の対象がコールタールの沼地から上がってくる。そういうことを体験してきています。かつてもありましたし、現在でもあります。

(話しが横ですが、減食すると食べたモノの呪いが出てきているのではないかと思うところもありますが。。)

--

さて、私以外の周囲ですが人に嫌われる人はコンプレックスをエネルギー源にしている人が非常に多いです。こういう人は非常に嫉妬しやすいのも特徴です。見ているとすぐわかります。嫉妬するのでコールタール化し、さらに人に嫌われ、さらに嫉妬するようになるという悪循環です。

そういった人のリア充に対する憎悪はぞっとするほどです。

こういった人物は千差万別です。非常に仕事ができるとか頭がいいタイプもいます。そういった人物に出会ったときは、できるだけ関わらないようにするのが一番です。それができないときもあるでしょうけど。

そういった人物は基本的に周囲を全て否定してきます。これもコンプレックス系の人の特徴です。

なので、そういった人物の攻撃対象になっても、理屈で圧倒されていても「私はあなたを受け入れない」という心のあり方をする必要があります。

まあ敵対しないことが一番ですが、その場合相手の世界に入っているはずなので、あなたも結構コールタール化すると思います。一緒になって他人を否定するとか・・・

自慰をすることと同様にオナ猿に関わらないことは極めて重要です。同じ空間にいないとうことが大事です。なぜなら人は人の傍にいると必ず影響を受けるからです。それは他者で何人も見てきました。組織からも影響をうけます。

学生時代に「あいつらキモいから関わっちゃいけない」ってのがありますが、あれはかなり正しいと思います。非道ではありますが。

私も以前から「非モテな男しかいない組織・サークルに関わるな。関わりあるなら切れ。一人のほうがまだまし。」みたいなことを書いてきました。

私の禁欲的直感がそうさせました。おそらく禁欲者には人格者が多いのでなかなか切れずに続けてしまう人が多い。

だがそういった集団は基本的に「見下しあっている」ので、あなたの誠実さは意味が無い。あなたが禁欲を続ける限りそのうち衝突する。(心あたりありませんか?)

--

私の場合、禁欲後にオナ猿的組織から抜け出せたのは約5年後になります。

最後の一年は、組織の空気が嫌い・気持ち悪い・おかしいようにしか見えない・自分が合っているとはとても思えない、という違和感が常に常にありました。そのため態度も横柄になってしまうときもありました。理屈で自分が間違っていても生理的に受け入れられないので、とにかく嫌いだと思うことが増えました。

自分より目上の人間も自分に腫れものに触るような少し怯えたような感じになっていたのを想い出します。クラスが変わるとそうなるのだと思います。

現在はそんなことはありません。むしろ尊敬し憧れるような平和な人生をしっかり送ってきた人が多く、自分がクラスアップしたことを噛みしめています。

禁欲効果の2波論は以前書いたことがあります。短期的に解決できる問題と長期的にならないと解決されない問題があります。

「仕事等の理由で抜けがたいオナ猿的組織からの離別→禁欲後5~7年強必要」というのは言えます。

なお本気で抜けようと思えば3~4年でも可能でしたが、決定的な理由が得られなかったのを記憶しています。

実際に抜けたときは、誰がどう見ても抜けたほうがいいというようなところまで歪みが進行してました。

以上、なんとなく指が動いたのでそのままドロップしました。

peace

8/14
気が付いたら食が激減していました。
すると睡眠時間が減りました。そして毎晩夢を見るようになりました。それが楽しいです。

1st前期の禁欲スタイル+27歳の趣味への情熱(NOHALEN)が回答でした。
自分としては新邁進主義orネオ邁進主義と呼んでます。

恐ろしい充実です。なんか人から連絡とかも入ってきます。
このオナ禁効果体験したのは久しぶりです。

正しい禁欲、正しい夢、ノーハレン。今度こそ私が勝つのでしょうか。戸惑ってます。


8/9
しばらく更新停止します。ポータルとしての機能を維持したいので閉めるのは止めます。かつてなく現実世界へのコミットが進んでいます。私にとって業界に関わる意味が希薄になりつつあります。私にも来るべきキセツが来たようです。全ての人に死に場所となる戦場が見つかりますように。

※お知らせの過去ログは前の記事を見てください。

peace

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 

Author: 

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。